二俣川で一発試験 チャレンジャーが不安を吐露したり不合格を嘆いたり合格を喜んだりする掲示板

二俣川で一発試験を受ける人は、初回取得であろうが再取得であろうが結構特殊な人たちのカテゴリーに分類されるため(涙)、普段の環境でなかなか誰かに相談したりすることも難しいのではないかと思います。特に、自動車学校で指導を仰いでいない独学の方はまさにロンリー・ソルジャー状態なわけでして、私もそうでしたが結構かなり孤独です。

この掲示板は、原則的にオープンにしておきますので、二俣川チャレンジャーの方で何か不安があったり吐露したいことがあったら書き込んでみてください。仮免技能で3回落ちた私が言うのも何なんですが、技能試験で一番大切なことは試験に不安を持ち込まないことです。不安な気持ちはここに置いてから試験に挑みましょう!

[この掲示板のトップページ] [二俣川で一発試験] [投稿時のご注意] [掲示板内ワード検索]
おなまえ さん
タイトル
メッセージ 
[絵文字入力]
暗証キー お好きな英数字8文字以内。記事の削除時に必要です。
投稿キー 右画字像の数を入力投稿キー
 
本免学科一回、本免技能二回で合格しました。 [投稿者] Kiki [投稿日] 2017/09/16(Sat) 13:59 No.1053
今月13日にAT車限定ですが、本免技能試験に合格し、免許を取り戻せました。

本当に長くなってしまったので、読み飛ばしていただいても結構です。
私もこの掲示板を活用させていただいた1人なので、もしも誰かの役に立てばと思い、私の合格までの話を書こうと思います。


8月末ごろ、会社の同僚が免許の話をしていて、あれそう言えば自分の更新いつだっけと免許を見ると半年以上の期限切れ。
そこから頭が真っ白になり、脂汗をだらだらかきながら警察に電話をすると、仮免許からの再スタートですと言われ更にパニックに。

言い訳に過ぎませんが、ちょうど転職やら家を購入したことなどが重なり、すっかり免許更新のことが頭から抜け落ちていました。悔やんでも悔やみきれません。

パニックと自己嫌悪がやっと落ち着いた頃に、こちらのサイト等を見ながら情報を集め、全くのペーパードライバーだったわけでもなかったため、一発試験に挑むことを決めました。
幸い今の職場は、2、3ヶ月に一度運転する機会があるかないか、といった環境だったため、9月中に夏期休暇を利用しながら、死ぬ気で免許を取り直そうと決意をしました。

なんとしても、すぐに免許を取り返したかったので、8月30日に仮免許の交付を受け、9月2日の土曜日に二俣川自動車学校で特定講習を受講。(ちなみにこの日は私の誕生日でした、、、)
私のようなうっかりさん相手なので、失礼ながらクオリティには期待していませんでしたが、想像よりもはるかにしっかりとした講習をしてくださったことが印象的でした。危険予測の講義がてら、DとEコースのポイントを聞きながら実際に走れたことも、高いお金はかかりましたが価値はあったと思います。

その後、9月4日に学科試験を受験し、これは97点で一発クリアでした。
勉強は本屋さんで買ったテキスト兼問題集のようなものと、有名な携帯アプリをひとしきりやりました。
このときにしっかり交通ルールを頭に入れておかないと、この先に待ち受ける技能試験でどういった運転行動をとれば適切かが判断できないので、ここはしっかりと問題集だけではなく、テキストで1から勉強することをおすすめします。

学科をクリアし、最初の技能試験は9月8日を指定されました。
練習は、家族に協力してもらい実際の試験コースであるA〜Fコースを2、3周程走り、各コースを頭に入れました。また動画サイトにある各コースの走行動画を、何回も観ました。
このときの私は、本番のコースもちゃんと練習で走れたし、コースも覚えたから一回で受かるんじゃね、と思っていました。

8日の試験は午前中だったので、最後の場内課題である、縦列か方向転換のイメージトレーニングをするために、少し早めに試験場へ向かいました。
技能窓口で受付を済ませ、渡された受付番号は4番でした。
そわそわしながら技能試験待合室にて待機。9時20分ごろでしょうか、試験官である警察官がぞろぞろと入ってきて、呼び出しが始まり、受験者が集まったところで試験説明が行われました。
説明が終わると階段をおりた先の発着所に向かい、いよいよ試験が始まります。

私は3番の方と、D、Eコースを走りました。3番の方が走っている最中、自分も走る場所の道路状況を確認していました。甘い幻想にとらわれていた私は、この期に及んでEコースだからなんとかなるかもと思っていました。
3番の方が走り終え、いよいよ私の運転です。

結果は、完走すらできませんでした。
始まってすぐ、消火栓の看板を右に曲がった先、一時停止から交差点に進入した際に、右からの車がいたにも関わらず進もうとし、警察官にブレーキを踏まれました。
そこからは落ち着け落ち着けと自分に言い聞かせても落ち着けず、本来であれば真っ直ぐいくはずのところで、ではここで右に行ってくださいという不合格通知を言い渡され、完全に思考停止。試験場に帰ったルートすらよく覚えていません。
自分ではいけるかもと思っていた試験を開始直後に失格したショックはあまりに大きく、帰りの電車とバスは茫然自失、帰宅してもしばらく暗い気持ちのスパイラルにはまっていました。
あと何日夏期休暇をとらなきゃいけないのか、そもそも一発試験は自分には無理なのではないか、なんで自分は免許更新を忘れたのか、など悪い考えが頭の中をグルグルグルグルとしていました。

一発試験の怖さは、とにかく先が見えない不安が続くことと、そのストレスを一人で抱えてしまいがちになるところにあると、私は思います。


落ち込んでばかりもいられないため、なんとか気持ちを奮い起たせ、先のことを考えました。
次の試験日は、13日でした。

私には期限的な問題と夏期休暇の残り日数の関係から、何回も落ちるわけにはいかない追い込まれた状況だったため、かなり悩みましたが、お金を払って練習し、少しでも合格率をあげる選択肢を選びました。

その結果
路上練習3回
縦列、方向転換の場内練習1回
A〜Cコースは使用頻度が低いため、D〜Fコースのみに絞り、計4回の練習を二俣川自動車学校で受けました。
注意としては、指導員さんはもちろんプロなので一定水準以上のレクチャーはしてくれますが、合う合わないはもちろんあるため、指導員さん選びは慎重にしてください。
また指導を受けた実感としては、警察官が本番の試験で見る細かなポイントや自分の運転の悪い癖は素人ではなかなかわからないため、やはりプロの力を借りることは、決して安くはありませんが、絶対に必要だったと思います。

そしてある程度しっかり練習を行い、動画サイトの動画でイメージトレーニングを積み重ねた上で、私は13日の午後に試験に挑みました。
前回の試験で、早く来た順に受付をしていくことは理解していたため、本来は13時受付開始ですが、12時30分には技能試験窓口に一番近いイスで待機し、40〜45分頃に窓口が開くとともに、即受付を行いました。
なぜなら、受付番号が1番であれば、AかDかFコースに絞れるし、試験までの待ち時間が長いと緊張ばかりしてダレると思ったからです。
Aコースであれば未知のコースなのでもう諦めがつきますが、DかFならまだ戦えると考えました。

結果的にこれが功を奏し、私はDコースでの試験となりました。
走る際の細かなポイントは他の方も沢山書いてくださっていますが、私が特に重要と思うことを書きます。
・道路状況は毎回異なるため、不測の事態や危険を察知したら、速度を緩めて考える時間を作ってください。道路の制限速度にとらわれる必要はありません。障害物、出っ張った看板や電柱等の危険に対して、速度をしっかり落とすこともメリハリのある運転の一環なので、警察官もそういった速度調節を好むと感じました。
・危険や障害物等がない区間の走行速度は早い必要はないので、30キロ制限であれば、27キロ前後を意識してください、下り勾配だとついつい速度が出るので、制限速度の少し下くらいに保てば、速度超過のリスクは減ります。
私の同乗者も合格していましたが、後ろに乗ってる私からしても速度計が23キロ〜27キロ程度で、かなり遅いなぁという感じだったので、もしかすると出せるとこさえ速度を出せば、25キロ前後でもいいのかもしれません。
・コースは事前にわかるので、各ルートのどこでどういった操作をしたらいいのか、何に気を配るのか、どこに目線をやるのか等を、繰り返し動画などを観ながらイメトレしてください。テンプレート的な動作が体に染み付いていれば、もし不測のことがあっても対処する余裕が生まれます。
・場内課題に進めば、運に左右されることは無くなります。一時停止や走行車線など試験場内の運転も気を抜かず、落ち着いて縦列、方向転換を行ってください。習った手順どおりに行えば、たとえ余裕が無くても必ず成功します。

特に大切に思ったことは以上です。
ただ、私も警察官が隣に座る極度のプレッシャーと、約15分間それが継続する疲労から、コース中盤から終了間際はかなりいっぱいいっぱいになってしまいました。
加えて私は何度も落ちれない事情もあったことから、かなり緊張してしまい、対策はしっかりしたつもりですが、余裕で合格というよりは、運良くかろうじて合格を拾った感じは否めません。

普通に一発試験にのぞまれる方は、やるべきことさえしっかりされていれば、あとは数打ちゃ当たる、ある程度は運要素と気楽に構えた方が、まだ本番で力を出せると思います。

試験終了後、窓口で自分の名前が呼ばれたときは本当に嬉しくて、達成感やら不甲斐なさやら安堵やら今までの色々な感情が混ざりあって、恥ずかしながら大の大人が、人気の無いところで少し泣きました。
私の合格までの体験はこのようなものでした。

免許を取り戻すまでの約3週間は本当に生きた心地がせず、何度も何度も挫けかけましたが、家族や自動車学校の指導員、ここの掲示板の方々に救われながら、なんとかやりきることが出来ました。

もうここの掲示板に戻って来ないことと、他の受験者皆様が合格出来ることを、心から祈っております。
Re: 本免学科一回、本免技能二回で合格しました。 - rasu 2017/09/18(Mon) 14:42 No.1054
おめでとうございます。3週間、すごいですね。文面から絶対に免許を取り返す、という気迫が伝わってきます。いや、ワタシも気迫は負けないつもりだったのですが、どこか甘く見ていたのかもしれません。いい意味で冷や水を浴びせられました。ワタシは失効手続き後かれこれ1年近く、残り時間、やれることをしっかりやって再挑戦します。ありがとうございました。

Re: 本免学科一回、本免技能二回で合格しました。 - 二俣川で一発試験 なかの人 2017/09/19(Tue) 13:27 No.1055
普通1種合格おめでとうございます!

非常に臨場感に溢れたレポートを書いていただきありがとうございます。きっと後に続かれる方々の参考になるはずです。やはりこの試験で最も大切なことは準備ですね。少しでも合格率を高めるための工夫も非常に参考になると思います。

一発試験チャレンジお疲れさまでした!

Re: 本免学科一回、本免技能二回で合格しました。 - Kiki 2017/09/21(Thu) 21:37 No.1056
こんな長々とした文章に、ご返信ありがとうございます。

うっかり失効に気付いた時は、本当に自分の犯した失敗に絶望してしまいました。ですが。
今一度、自己流の危なっかしい運転を見つめ直す機会を与えられたんだと、少しでも前向きに思い込みながら、なんとか試験に向けて進んでいきました。
こちらのサイトが無ければ、先の見えない不安を誰とも共有出来なかったと思います。

本当に素晴らしいサイトを、ありがとうございます。
今後ともこのサイトによって、一人でも多くの方が一発試験に合格し、不安から解放されることを願っています。

投稿した記事を削除する No 暗証キー

- E-PAD -